読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DORA麻雀のレート

DORA麻雀のレートは色々有ります。調子によってレートを変えて楽しむのがいいですね♪

DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 17 $の勝ち & 映画「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」に関して

う~ん。まずい!体重がまずくなってきた( ─┬┬┬┬┬─ ー ─┬┬┬┬┬─ )ウフフフッ
ダイエットしないとまずいな。。

こないだ桃花スリムを大学3年生の時の友達にお勧めされたんで
これから飲んでみようっかなギャハハハ!!☆ミヾ(∇≦*1≧∇)ノ彡☆バンバン!!

◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯

映画って本当に面白いですよね~
・・・という訳で映画の感想を紹介したいと思います!!!(b^ー゚)!!(゚∇^d)~~ ベリーベリーグッド
ってyahooレビューに載ってる感想ですがギャハハハ!!☆ミヾ(∇≦*2≧∇)ノ彡☆バンバン!!


本日は「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」の感想について紹介しようかと思っています!(≧∇≦)ブハハハ!


この映画が作られた年は2007年です!!!

監督はポール・トーマス・アンダーソンで、脚本がポール・トーマス・アンダーソンです!(*'-'*)エヘヘ

この映画の主役はダニエル・デイ=ルイス (ダニエル・プレインヴュー)とポール・ダノ (ポール・サンデー/イーライ・サンデー)です!!!!(~ヘ~;)ウーン

取り敢えず、この映画の他の俳優さんを列挙すると、ケヴィン・J・オコナー、キアラン・ハインズって感じですね。v(≧∇≦)v イェェ~イ♪

この映画は主人公に感情移入するというようなもので
はなく、ある男の生涯を神の視点で
眺めるという類のものだと思うんで
すね。

バリー・リンドン的な。


だから主人公に気持ちが入るか否かというのと映画の出来の話は
別だと思います。


と言いつつも、この映画はちょっと脚本が
弱いのではないか。
ひとつひとつのエピソードは印象的だと思いますが
、構成があまりうまいとは言えないと思いました。

唐突にひとつのエピソードが始まり、
終わる。

何話かで語る大河ドラマならそれで
いいかもしれませんが、2時間40分という尺の中で
クライマックスに向かってどのように
盛り上がっていくか、映画はそこが
大事なのではないかと思いました。



◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯

麻雀の役って一杯ありますよね~ヤッター!(^.^)>(^.^)>\(^_^)/
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!!
という事で、今回は清老頭に焦点を当てたいと思います!ニャハハ!(≧∇≦ )人( ≧∇≦)ニャハハ!


「1」「9」だけで作ると成立

雀頭と4つの刻子を老頭牌(1と9の数牌)だけで揃えた時に成立する役満です。

役満清老頭(ちんろうとう)」は数牌の1と9だけで構成されます。
混老頭(ほんろうとう)から字牌を無くした形ですヘ(°◇、°)ノ~ ウケケケ...


ポンをしても成立します(>▽<)b OK!!
ポンをせずに仕上げるのは不可能といっても過言ではないぐらいの難易度ですね( ̄ー ̄)ニヤリッ(_ー_)逆ニヤリ(    )クルッ!( ̄ー ̄)ニヤリッ


使える牌がたった6種類しかなく、そのうちの5種類を使わないといけません。

一生に1回とはいいませんが、役満の中では難しい部類ですよ。

他のプレイヤーが上がる場面に立ち会うことですら珍しい役満ですコッチコッチ~ (/^-^)/ (^^*)))


ポンに頼ることになるが、2つ、3つポンをした段階で
他のプレイヤーに端牌を警戒されてしまうため、
最後は自分のツモにかけるしかありませんキャハハ!!ミヾ(^∇^*)乂(=^∇^)ツ彡アハハ!!

一度でいいから上がってみたいものですね。



当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

清老頭(出現割合:0.00181%)
1と9だけで揃える役満。四人麻雀ならば見るのがかなり難しい役だが、三人麻雀ならばそのマンズの2~8は無くなるので出現率は飛躍的に上がる。とはいえ、それでも簡単に出る役満ではないのも確か。しかし役満の中では決め打ちの必要はあまりなく、対々和+混全帯九を少し視野に入れた打ち方の延長線上で偏り加減に応じて狙うことのできる役満でもある。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

・・・とこんな感じの説明です。o( ̄ー ̄;)ゞううむ


今から4時間後には待ち焦がれた予備校の友だちとの麻雀だ。
楽しみだなあ~~"└|  `   ▽   ´  |┘"ワッハッハ!!



おすすめ記事

 

 

 

 

 



 

*1:ヾ(≧∇≦)〃

*2:ヾ(≧∇≦)〃