読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DORA麻雀のレート

DORA麻雀のレートは色々有ります。調子によってレートを変えて楽しむのがいいですね♪

DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 146 $の負け & 映画「ディック・トレイシー」の感想

う~ん。まずい!最近受けた検査の結果が返ってきた( ̄ ̄□ ̄ ̄) グハッ ( ̄。 ̄) ポカーン ( ̄) シラ~*ドロン

診断結果は、、悪かったε=怒ε=怒ε=怒ε=怒ε=( メ`ω´)/ コラ!マテ!

とりあえず食事制限かエクセサイズを始めないといけないから
うーん、ダイエットか。(━━━┳━━━○━━━┳━━━)

節食はストレスになるので
運動なんでしょうね。ヤレヤレ ┐(○`ε´○)┌ マイッタネ

何がいいかな~?アセアセ( ̄_ ̄ i)タラー
楽に始められるスポーツといえばソフトボールなのかな
俺に限っては~(=^‥^A アセアセ・・・

だがしかし、一人でやるとなると継続できる自信がない(ーー )Ξ( ーー) ブルンブルン
誰か一緒にやってくれる友達を誘わないと(ι´ω`)つ彡☆キャパキャパ♪

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

近頃映画命な感じなので映画のレビューをご紹介させて頂きたいと燃えております!!川 ̄ι ̄川フフフ

え!?あんたのレビューではないの??
という突っ込みはスルーでプププッ (*^m^)o==3


本日は「ディック・トレイシー」の感想を紹介しようかと思っています!!☆(*^o^)乂(^-^*)☆ ヤッタネ!!


この映画が作られた年は1990年です!!!

監督はウォーレン・ベイティで、脚本がジャック・エップス・Jr、ジム・キャッシュです!キャーゞ(^o^ゝ)≡(/^ー^)/"""パチパチ

この映画の主役はウォーレン・ベイティ (ディック・トレイシー)、マドンナ (ブレスレス・マホニー)です。(´ヘ`;) う~ん・・・

この映画に出ている人達を役柄込みで列挙すると、
ウォーレン・ベイティ (ディック・トレイシー)、マドンナ (ブレスレス・マホニー)、アル・パチーノ (ビック・ボーイ・キャプリス)、ダスティン・ホフマン (マンブルス)、ジェームズ・カーン (スパルドーニ)、キャシー・ベイツ (グリーン)、グレン・ヘドリー (テス)、ウィリアム・フォーサイス (フラットトップ)、シーモア・カッセル (サム)、ポール・ソルビノ (リップス・マンリス)って感じですねo(・∇・o)(o・∇・)o ヤッタ!

ヒーローものとしては誰かの命の危険が
感じられないことが緊張感を阻害していますし、
マドンナの役は設定以上に魅力的に
描き切れておらず、全体的に面白さが
突き抜けていきません。

 それでも、ハッとさせられるシーンもありますし、
車の後ろ窓から顔を出すキッドの愛嬌や、
奇妙でカラフルな世界はしっかり確立されていますが
、結局のところ一番面白かったのは
ショーの稽古シーンで、街を牛耳ることよりも一層熱心に
必死になってマドンナ達にレクチャーしまくるアル・パチーノのお茶目な姿は
笑えます。



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

麻雀の役って一杯ありますよね~。(*"ー"*)フフッ♪
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。
という事で、今回は二盃口に焦点を当てたいと思います!!Ψ( ̄∇ ̄)Ψワッハッハ~♪


三ハン役。一盃口(イーペイコウ)が二つで二盃口(リャンペーコー)でしょう。
一一二二三三556677中中といった形。

一見対子(トイツ)が七つで七対子(チートイツ)(25符2翻)が成立しそうに見えるが、
高点取りの原則に基づきこちら(20~40符3翻)が成立するんだ。

当たり前ながら面前限定で成立します役です。


なかなかお目にかかれないレア役であり、
過去に麻雀格闘倶楽部がアガリ役のデータを集計した時には、
一般役の中で三槓子に次いで二番目にあがり回数が少ない役だった。

それどころか、四暗刻(すーあんこ)・国士・大三元といった割とあがりやすい役満役と
同レベルのあがり回数となっている 。でも三翻役。


狙い方としてはイーペイコウと雀頭を確定させた状態で56677と両面待ちで構えるのがベターか。

雀頭が役牌でなければ同場合に平和(ピンフ)が成立するんだ
(ロン30符4翻(7700/11600orマンガン)、ツモマンガン)。


立直と合わせれば満貫も狙える役なのだけど、
安目を引いてしまうとイーペーコーしか成立せず得点が暴落してしまう。

難易度の割には実入りが少ないと言わざるを得ない。

なお筒子(ピンズ)の2~8を二枚ずつ集めて作った二盃口(りゃんぺーこー)を大車輪と呼んで
役満扱いするローカルルールがある。

もっともローカルルールがなくても、確実に断公九(タンヤオ)・平和(ピンフ)・二盃口
清一色チンイツ)の複合で11翻となり三倍満以上確定、リーチやツモ・ドラが
乗れば数え役満成立というレベルですから、それほど威力が変わるわけではない。


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

二盃口(出現割合:0.05% )
こちらも出現率はかなり低いし、加えて複合も狙いにくい。しかし手牌の変化から狙える役ではあるので、ここは役を高める、廻し打ちで回避するといった形で狙えるので意外と融通は利く。ただその場合は二盃口確定というのは中々難しく、手広く打つ場合の殆どが平和、一盃口(高め二盃口)といった形になる場面が多い。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

・・・とこんな感じ(?(。_。).。o0O??


今から9時間後にはついに大学の友だちとの麻雀です。
早く来ないかなヾ(T∇T)ノ彡☆ギャハハ!!バンバン!!

牌譜再生機能




おすすめ記事