読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DORA麻雀のレート

DORA麻雀のレートは色々有ります。調子によってレートを変えて楽しむのがいいですね♪

映画「グリーン・ホーネット」について & DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 14 $の負け

今朝のズームイン!!SUPERあかさたな占いでは凄い良い結果でしたため、
今日は新しいことに挑戦してみようかな?
ここのところ、ソフトボールを習慣化させてみようかとウズウズしてるんですよねウキャキ☆彡ヾ(⌒∇⌒*)(*⌒∇⌒)ノ彡☆ウキャキャ
とは言っても、いざ始める段になると様々なものを買いに行かないと駄目だからね~┐( ̄ヘ ̄)┌ ヤレヤレ・・・
あ~あ、面倒だなx_(・ェ・)ダメダメ(・ェ・)_x

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

近頃映画一筋な感じなので映画の感想をご紹介したいと考えています!!!!ァ '`,、'`,、'`,、'`,、(´▽`) '`,、'`,、'`,、'`,、'`,、

はい!?あなたのレビューじゃないのかよ!?
という感想はスルーキャハハハ!! ヾ(@⌒∇⌒@)ノ彡☆バンバン!!


本日は「グリーン・ホーネット」の感想を紹介したいと思っています!( ̄w ̄) ぷっ


この映画が作られた年は2011年です

監督はミシェル・ゴンドリーで、脚本がエヴァン・ゴールドバーグとセス・ローゲンです!ヾ(≧▽≦)ノギャハハ☆

この映画のメインは、セス・ローゲン (ブリット・リード/グリーン・ホーネット)とジェイ・チョウ (カトー)です!!!!(~ヘ~;)ウーン

取り敢えず、この映画に出ている人達を役柄込みで列挙すると、
セス・ローゲン (ブリット・リード/グリーン・ホーネット)、ジェイ・チョウ (カトー)、キャメロン・ディアス (レノア・ケース)、クリストフ・ヴァルツ (ベンジャミン・チュドノフスキー)、エドワード・ジェームズ・オルモス (マイケル・アックスフォード)、トム・ウィルキンソン (ジェームズ・リード)、デヴィッド・ハーバー (スキャンロン)、エドワード・ファーロング (タッパー)って感じですねヾ(●⌒∇⌒●)ノ わーい

この映画の見所、それは・・・エドワードファ~ロ~~~グ(笑)いやぁ見つけちゃいましたよ~彼が
出演してるの知らなくて観てたんだけど、
とあるシーンであれ?もしや?と思いエンドクレジットで
彼の名前を探してたら…ななんとっ!!エドワードファ~ロ~~~グ(笑)これ最近で
は一番驚いたし、自力で発見したことは
ちょっとした自慢です。


それにしても、エドワードはダメ人間を
楽しんでるな~ある意味男気がある。


もーこのままありのままの自分を全肯定して爆進してくださいな。



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

麻雀の役って一杯ありますよね~。(=v=)ムフフ♪
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!
という事で、今回は純チャンに焦点を当てたいと思います!!!_(-_- )ノ彡☆ばんばん!


すべてのグループに「1」「9」で成立

老頭牌(1と9の数牌)を使った雀頭と、老頭牌が含まれる4メンツを揃えた場合につく役です。
鳴いた際は二翻役として扱われます。(p_;)\(^^ )


ジュンチャンは混全帯公九(ちゃんた)の字牌なしだと思っていただいて大丈夫です。
特徴なども混全帯公九(チャンタ)の項目がそのまま当てはまります。

純全帯公九

チーやポンをすると「3翻」→「2翻」の喰い下がりが適用されます。

字牌が使えない分だけ、混全帯公九(チャンタ)よりも難しくなっていますね。壁| ´ω`)r" オイデオイデ♪

純チャン(ジュンチャン)の弱点となるのは混全帯公九とほぼ同じですよ。

辺張待ち、
嵌張(かんちゃん)待ちなど難しい待ちが残る際が多い

あがりきるまでには「4」「5」「6」の危険牌を捨てないといけない(=柔軟性がない)
赤牌が使えない 難易度のわりに点数がさほど高くない
字牌が使えないから翻牌}}(ファンパイ/ヤクハイ)も付かない


うまく完成した場合の手の美しさには定評があるので、
混全帯公九(チャンタ)系の手を好む人はいます(´・ω・`)ションボリ

赤牌なしのルールでは混全帯公九(ちゃんた)や純チャン(ジュンチャン)の価値が上がりますが、
赤牌なしのルールでは難易度や点数、振り込むリスクを考えると、
あまり積極的に狙わない人が多くなっているのが現状ですね(-"-;A ...アセアセ


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓↓


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

純チャン(出現割合:0.38%)
全ての順子、暗子、雀頭が一・九が含まれる手。手の上がりにくさは役満以上の割に、三飜は少し微妙だと感じる。しかも他の役との複合も基本的には望めず、それでいて4,5,6を全て切っていくのでリスクも非常に高い。
しかしその頻度と見た目から役自体の人気も高い。従来のオンラインゲームなら少し偏れば狙いに行こうか迷う場面もシバシバあるが、お金がかかっているDORA麻雀では少し厳しいか?

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

・・・とこんな感じの説明です。( ̄ヘ ̄;)ウーン


本日はこの辺で!
けど今日は顔が痛いなあ
疲れたので寝よ~っとお(^○^)や(~o~)す(゚o゚)みぃ(- -)。0O



おすすめ記事