読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DORA麻雀のレート

DORA麻雀のレートは色々有ります。調子によってレートを変えて楽しむのがいいですね♪

映画「マルサの女2」に関して & DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 154 $の負け

今日は正午過ぎから雷雨だってよq(T▽Tq)(pT▽T)p

雨ならばシンドいな~~||||||||||凹[◎凸◎;]凹||||||||||ガビーン!

後輩との約束があるんだな~┃(;●ω┃玄関┃
まあ、いいか♪
キャンセルだ(^ー^* )フフ♪

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

ここのところ映画にハマっているので映画の感想を紹介していきたいと考えています!ワーイ。(⌒∇⌒。)三(。⌒∇⌒)。ワーイ

はい??あなたの感想は?
という突っ込みはスルーでΨ( ●`▽´● )Ψ キャハ♪


本日は「マルサの女2」の感想ですね!!!!(*≧┏∇┓≦*) ブヒャ!


この映画が作られた年は1988年です。

監督は伊丹十三で、脚本が伊丹十三ですv(≧∇≦)v イェェ~イ♪

この映画のメインは、板倉亮子(マルサの女)演じる宮本信子です!「(゚~゚o)ウゥーン

この映画の他の俳優さんを列挙すると、三國連太郎津川雅彦大地康雄益岡徹桜金造、丹野由之、大河内浩、マッハ文朱南原宏治って感じですね。

伊丹作品の中では爽快感はないが、監督の作品の中で
は、最も社会派映画であると今は思う。

伊丹作品の着眼点の凄さは、一般人の生活に
身近でありながら、(特に主婦にとって)決してわからなかった業種の裏側、
例えば自動車教習所のビデオで見せられるようなマニュアル映像を
高度なテクニックで、映画として成立させていたことで
す。

「お葬式」「ラーメン店」「税金」「暴力団」「病院」「スーパー」など、
伊丹映画によって、とても勉強させられた人は
多いと思う。
その中でこの「マルサ2」は結末も後味が
悪いので、他の作品のような爽快感を
期待した人には嫌な気分にさせられるかもしれないが
、だからこそ多くの社会派監督が描いているようなメッセージ性が
強い傑作だと今は思う。

劇中の「世界の中で東京が取り残されないために
は誰かが汚い仕事をしなきゃいけない」というセリフも、
今となっては空々しく思えるのは、
少しはマシな日本になったかと思えるし、
宗教団体の描写も、完全にその後の事件を
予見しています。

この時代に誰もが心に思っていても口に
出せない、すごく危ない橋を渡ってこういう映画を
作った監督は偉大だと思います。

ハリウッドであればこういう映画は
あたりまえに作られていて、その方法論を
日本でやるのにどれほど苦労していたか、
今は少しわかる気がします。


自分はこの監督は自殺したのでは
なく、たまに報道される企業の社長の自殺や、
役人の自殺と同じように考えています。
誰もその真実を語れないだけなのだと思います。



□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

麻雀の役って一杯ありますよね~('-'*)フフ
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!
という事で、今回は清老頭に焦点を当てたいと思います!!!ニコッ (゚▽゚)v(゚▽゚)v o(゚▽゚)o イェーイ!!


老頭牌(数牌の1または9)だけで構成されちゃう関係上順子(しゅんつ)が含まれず、
必ず対々和の形になるんですほっほっほ♪( ̄▽+ ̄*)

したがって、待ちも単騎待ちまたはシャンポン待ちに限定されてしまう。

混老頭(ほんろうとう)の上位役に当たるが、混老頭(ホンロウトウ)が13種の牌を使用できますのに対し、
清老頭(チンロウトウ)は6種に限定されるので格段に難易度が上がる”θヘ( ・_・)なんでやねん!( ・_・)_θ☆

また、一九牌が6種類しかないため七対子の形で上がることができない
七対子(ちーといつ)の4枚使いを認める際はこの限りではない)。


たいていの際、副露して作ることになるんですが、
端牌は序盤に早々と切り出される傾向が強く、配牌と展開によほど恵まれないと和了りは難しい∩(^∇^)∩バンザーイ♪

和了りのパターンとしては、国士崩れや純チャン狙いのところから
一九牌のトイツ・刻子が増えて変化していく時があんまりでしょう。


字牌だけで構成する字一色(ツーイーソー)と似ているが、
字一色が7種類の牌を使えるのに対し、清老頭は6種類の牌しか使えない上、
順子の構成要素として相手にこれらの牌を押さえられてしまう可能性もあるから、
確率的にも清老頭(チンロウトウ)の方が難しい(・」o・)」オーイ


さらに、字一色(つーいーそー)が四喜和や大三元と複合し易いのに対し清老頭には
そういった役も無く、ダブル役満へと得点を伸ばし難い。

また、同じ6種限定の緑一色と比較しても、順子(シュンツ)の使用が出来ない分、清老頭(ちんろうとう)の方が難しい。


理論上は四暗刻(スーアンコー)・四槓子との複合があり得るが、
実際これらすべてを暗刻(アンコ)もしくは槓子にすることは極めて難しい(//∇//(//∇//(//∇//) テレテレ


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

清老頭(出現割合:0.00181%)
1と9だけで揃える役満。四人麻雀ならば見るのがかなり難しい役だが、三人麻雀ならばそのマンズの2~8は無くなるので出現率は飛躍的に上がる。とはいえ、それでも簡単に出る役満ではないのも確か。しかし役満の中では決め打ちの必要はあまりなく、対々和+混全帯九を少し視野に入れた打ち方の延長線上で偏り加減に応じて狙うことのできる役満でもある。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

・・・とこんな感じの説明です。・・・( ̄  ̄;) うーん


今から11時間後にはついに待ちに待った駿台予備校の友だちとの麻雀だよ♪
早く来ないかなo(≧∇≦o)(o≧∇≦)o イエーイ



おすすめ記事