読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DORA麻雀のレート

DORA麻雀のレートは色々有ります。調子によってレートを変えて楽しむのがいいですね♪

映画「サクリファイス」の感想 & DORA麻雀の役「三色同刻」

いやーまずい。。この前、血液検査の診断結果が戻ってきたアセアセo(^^;o)Ξ(o;^^)oΞo(^^;o)Ξ(o;^^)oドウモ~♪

診断結果は、、異常あり。.....∑ヾ(;゚□゚)ノギャアアーー!!

まあダイエットを始めないとダメなので
う~ん、ダイエットか。。ヽ(´▽`)/

減食するのはストレスになるので
スポーツでしょうね。ヽ(´・`)ノ フッ

何が儂に適してるかな?(゚ー゚;Aアセアセ
運動と言えばダンスかな~
ミーに限っては(>▽<;; アセアセ

とは言っても、一人だと継続は難しいだろうなあ( ̄Д ̄;;
誰か一緒に続けられるパートナーを探さないと( ( ̄ (ー ̄( ー ̄( ̄ー ̄( ̄ー ̄))ヒダリムケーニヤリッ!

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

映画って本当に面白いですよね~
そう思うたびに映画の感想を紹介したいと燃えております!!!! ̄m ̄ ふふ
とは言ってもヤフーに載ってる感想ですがv( ̄ー ̄)v


今回は「サクリファイス」の感想について紹介しようかと思っています!川 ̄┏ー┓ ̄川ニヤリ


この映画の製作年は1986年です

監督はアンドレイ・タルコフスキーで、脚本がアンドレイ・タルコフスキーですヽ(▽^〃ヽ)ヽ(〃^▽^〃)ノ(ノ〃^▽)ノ ワーイワーイワーイ♪

この映画のメインは何と言っても!!!エルランド・ヨセフソン (アレクサンデル)とスーザン・フリートウッド (アデライデ(アレクサンデルの妻))です!!!(ーー;).。oO(想像中)

取り敢えず、この映画に出ている人達を役柄込みで列挙すると、
エルランド・ヨセフソン (アレクサンデル)、スーザン・フリートウッド (アデライデ(アレクサンデルの妻))、アラン・エドワール (オットー(アレクサンデルの友人・郵便配達夫))、グドルン・ギスラドッティル (マリア(召使い))、トミー・チェルクヴィスト (”子供”)、フィリッパ・フランセン (マルタ(アレクサンデルの娘))、スヴェン・ヴォルテル (ヴィクトル(アレクサンデルの娘婿・医師))、ヴァレリー・メレッス (ジュリア(小間使い))って感じですね。(_ー_)逆ニヤリ

この作品のオチは要するに、「親は無くとも子は
育つ」ってヤツですね。


口を聞くことができなかった子供が
、植えたばかりの木の下で、新しい世界の始まりを
宣言する。


そしてダメ押しのように、タルコフスキー監督から息子への献呈とメッセージが


「自分の人生は失敗だったと思わないか」「以前は
そう思ったが、子供が生まれてからは
そう思わなくなった」。

自分の人生が自分だけの人生でなくなり、
「子育て」という形で、他の人生のために
費やされる。
自分に子供が出来た時から始まる、
自己犠牲。


しかしそれは本当の意味の「犠牲」なのか? 一種の自己満足に
過ぎないのではないのか? 口のきけない子供、
声なき子供、その一方で、大人たちが
始めてしまった戦争の影が、いつ明けるとも知れぬ夜の闇とともに
、映画の中盤を覆い尽くす。

挿入される戦争のイメージ、恐怖のイメージ。

そして、その家に集まる大人たちの間に
も渦巻くのもまた、結局のところは
大人のエゴではなかったか。
取り返しのつかない戦争。

過去を取り戻すためならすべてを捨ててもよいという言葉、
それは結局のところ、単なるノスタルジーで
あり、自分自身のための祈りではなかったか。

そしてマリアの元へ向う主人公が求めていたものもまた、
自分自身への慰めではなかったか。


やがて明るい朝が来て、主人公の行った行為。

それこそが、過去としての自己の否定と、
次世代への無限の信頼、すなわち真の自己犠牲で
あったと思うワケです。




+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

麻雀の役って一杯ありますよね~。ニャハ(o(*^▽^*)o)( ^^)( ^)( )(^ )(^^ )(o(*^▽^*)o)ニャハ
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。。
という事で、今回は三色同刻に焦点を当てたいと思います!!!┗|*`0´*|┛ワッハッハ!!


三色同刻(さんしょくどうこー)とは、麻雀における役のひとつ。

萬子・索子・筒子(ピンズ)それぞれの色で同じ数字の刻子(コウツ)(槓子(4枚組)も含む)を作った際に成り立つー((( ^o^)ー(( ^o^)ー  一緒に落ちます♪

2ハン。喰い下がりはない。

ただし、メンゼン3翻、喰い下がり2ハンとするローカルルールもある。
ポンをして作ることが多いことから、三色同ポンとも呼ばれる。
略称は三同刻(サンドーコー)、三同ポン。

同じ三色役です三色同順(さんしょくどうじゅん)と比べると出現頻度は非常に低い。

実戦でも滅多にお目に掛かることはなく、三槓子(カンコ)と並んで幻の2翻役と呼ばれることもあるのです。


大抵の際ポンして作ることになるんですが、2つ晒した時点で充分に目立ってしまうため、
できれば最低1つは暗刻になっているのが望ましい。

対々和(といといほー)と複合することが多いが、自力で3種とも暗刻にした際は
三暗刻(サンアンコー)と複合し、中張牌三色同刻(サンショクドウコウ)の場合は断公九(タンヤオ)と、
一九牌の時は混老頭(ほんろうとう)と複合することもありうる。
{
{しかし}}、三色同刻自体が非常に珍しい役でしょうため、
複合云々を考える以前に効率度外視であがりに行くような場合も見られる。


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓↓


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

三色同刻(出現割合:0.05%)
こちらも実は役満と同じぐらい出現率の役。
自分でも「そんなことは無いと思うな」と心のどこかで思うが、同じ牌が2種類暗子で保有していたとしても、最後の一種類は雀頭になってしまうケースが殆ど。仮に三色同刻が確定した状態を作れたとしても、そこからのウケは案外悪く、中々難しい。余裕のある時に、少し考えてみてはどうだろうか?

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

・・・とこんな感じ「(゚~゚o)ウゥーン


今から14時間後にはやっと中学の時の塾の友だちとの麻雀です。
楽しみだなあ~~_( ̄▽ ̄)ノ彡☆ばんばん!

麻雀kingに俺はなる!




おすすめ記事