読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DORA麻雀のレート

DORA麻雀のレートは色々有ります。調子によってレートを変えて楽しむのがいいですね♪

映画「3-4X10月」の感想 & DORA麻雀の結果(本日今のところ)→ 55 $の勝ち

時季ももうすっかり夏が過ぎて秋だね~(='m')くすくすっ♪
就寝時はちょっと肌寒く感じ毛布を用意していないと風邪を引いてしまわないか心配です
インフルエンザにかからないように用心しないと(*'-'*)エヘヘ

★★★★★★★★★★★★★★★★

ここのところ映画にハマっているので映画のレビューをご紹介したいと燃えております!!ばんばんっ!┃☆ヾ(≧▽≦)oひゃっはっはっ!!

え!?テメエのレビューじゃないのかよ!?
なんて突っ込みはスルーで(o_ _)ノ彡☆ギャハハ!! バンバン!


今回は「3-4X10月」の感想ですね!!!!♪v(*'-^*)ゞ^;*・'゚☆ブイ☆


この映画が作られた年は1990年です。

監督は北野武で、脚本が北野武です。アーッヒャヒャヒャーΨ(゚∀゚ )Ψ(゚∀゚)Ψ( ゚∀゚)Ψアーッヒャヒャヒャー

この映画の主役は雅樹演じる小野昌彦です!!!!( ̄ヘ ̄)ウーン

取り敢えず、この映画に出ている人達を役柄込みで列挙すると、
小野昌彦 (雅樹)、石田ゆり子 (サヤカ)、ベンガル (武藤)、井川比佐志 (大友)、ジョニー大倉 (南坂)、小沢仁志 (金井)、ビートたけし (上原)、飯塚実 (和男)、井口薫仁 (隆志)、芦川誠 (朗)って感じですね。^(ノ゚ー゚)ノ☆パチパチ☆ヾ(゚ー゚ヾ)^

トイレの中でダメ男が夢想する。
俺がもっと強かったらなぁ。

ヒーローになって女の子救っちゃったりして・・・。
そして、トイレから出る時にはそれだけで
走りに力強さがこもってくる。
北野監督の狙いはよくわかり、「人間なんてそんなもんだから自信持て」というあたたかさも感じる。

しかし、やはりきちんと脚本を事前に
作るべき。
プロットがぐだぐだで一貫性がなく、
だれてしまっている。

残念。



★★★★★★★★★★★★★★★★

麻雀の役って一杯ありますよね~。ワハハヽ(^▽^)人(^▽^)人(^▽^)ノワハハ
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!!!
という事で、今回は槍槓を説明したいと思います。(-L-)ククク


槓をした際に王牌からツモってくる牌であがると嶺上開花という役が付きます。

これは嬉しいことですから、すでにポンをして場にさらしている刻子(こうつ)があったとして、
そこにもう1枚同じものを引いてきたら、加カンと言って
もう1枚を付け加える形で槓をすることができます


ここで調子に乗って加槓(かかん)をすると、
その牌で待っている人がロンをかけることが出来ます(`L_` )ククク

場に捨てた牌ではありませんが、加槓の牌は当たることが可能なのです。

しかも、その時には槍槓という1飜の役がつきますので、
振り込みの役が高くなります。


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓↓


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

槍槓(出現割合:0.05%)
他家が加槓(小明槓/ショウミンカン)した牌が当たり牌だった場合に成立。
一翻役とは思えないぐらい出現率が低いので、狙うとか狙わないとかの話ではない。
強いて言えばリャンピンが場に3枚出て、イーピンを他家が鳴いた時、待ちがイースーピンの場合、不要牌であるイーピンは必ず出る……ということもあるだろうが、一翻役とはいえ決して狙いに行く役ではない。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

・・・とこんな感じの説明です。r(-◎ω◎-) 考え中.....


本日はこの辺で!
けど今日は何故か頭が痛い。。治ってほしいなあ。。
明日もあるしおやすみ~お(^○^)や(~o~)す(゚o゚)みぃ(- -)。0O



おすすめ記事