読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DORA麻雀のレート

DORA麻雀のレートは色々有ります。調子によってレートを変えて楽しむのがいいですね♪

映画「川の底からこんにちは」の感想 & DORA麻雀の役「四喜和」

う~~ん、やばいな。。太ってkita*1
ダイエットしないと。。。

この間、Devaty Herb Re Tea《ディバティーハーブリティー》を小学1年生の時の友達にオススメされたから
試しに初めてみようっかなヘ('◇'、)/~ ゥヶヶヶ...

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

ここの所映画にぞっこんラブなので感想を紹介していきたいと考えています。ヘ(ё_ё)ノ ワーイ

はい??テメエのレビューは??
なんて感想は華麗にスルーしますヘ(◇、 ̄)ノ~ ウヘヘヘ...


本日は「川の底からこんにちは」の感想ですねx・)ぷっ


この映画が作られた年は2010年です!!!

監督は石井裕也〔監督〕で、脚本が石井裕也〔監督〕ですイエーイv(▽ ̄ V)(V ̄▽)vイエーイ

この映画の主役は満島ひかり (木村佐和子)です!!σ(゚・゚*)ンート・・・

取り敢えず、この映画の他の俳優さんを役柄込みで列挙すると、遠藤雅 (新井健一)、志賀廣太郎 (木村忠男)、岩松了 (木村信夫)、目黒真希 (腸内洗浄スタッフ)ってな感じ。ぎゃははははは _(T-T)ノ彡☆ばんばん!

現在の日本の「中の下」というのは,十分幸せな人生だと思う.その辺の意識改革と,現在「上」に
属するごく僅かの人間を存続させるためだけに
,我々が必要以上の労働を強いられていることに
早く気付いて,競争や闘争を動作原理として成り立つ野蛮な世の中から脱却で
きるかどうかが,10年後ではなく,1000年後の人類の存亡に
,大きく関わってくると思う.

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

麻雀の役って一杯ありますよね~ヽ( ̄▽ ̄)ノ ナハハ♪
DORA麻雀でも、当然役は覚えている必要があります。!!
という事で、今回は四喜和に焦点を当てたいと思います!!ヘ(゚¬゚)ノ~ ウケケケ...


東西南北のうち3種類を刻子(こうつ) 残りを雀頭で成立するんだ(⌒0⌒ゞ ラジャ


4種類ある翻牌(ファンパイ)のうち1種類を雀頭に、残りの3種類の翻牌(読み方:ファンパイ)をそれぞれ刻子とし、
それに何らかの牌による1メンツを揃えた場合に成り立ちます役満です(; ̄ー ̄川 アセアセ


字牌のうち翻牌を使った役満が、三元牌同様に設定されています。
ただし、難易度は4種類ある翻牌(読み方:ファンパイ)を使ったほうがグンと高くなっています。


大四喜(ダイスーシー)」と「小四喜(ショウスーシー)」2つを総称して「四喜和(大四喜小四喜)」と呼ぶこともありますね_(T▽T)ノ彡☆ばんばん!

東南西北のうち3種類を刻子、残りを雀頭で成立します,,,,,イジイジ( ´・ω・`)σ"の"


ポンをしても成立可能
ポンをしても成立可能ですが、逆に言えばポンをせずに完成させるのは至難の技といえますね。
必要な牌が1種類多いため、大三元よりも難易度が高いといえます。
実際に目にすることは少ない役満でしょう∑(_□_;)ii サカサガビーン!!

ここからさらにランクをあげるのが「大四喜(だいすーしー)」です。


当然DORA麻雀でもこういった役は同じなので
しっかり覚えておいて下さいね!!
基本ですので・・・

DORA麻雀の解説を見てみましょう
↓↓↓↓


------------------------------------------------------

四喜和(出現割合:0.01381%)
小四喜若しくは大四喜のこと。
小四喜
大三元四暗刻国士無双が"出やすい"役満とすれば、その他の役満というのはそうそうお目にかかえれるものではない。小四喜はその中では比較的簡単な部類だが、それにしても中々見られるものではない。この辺りは運に左右される要素が大きいので、もし偏ったりしたらその珍しさを見に狙いに行くのも一つの楽しみ方かもしれない。

大四喜
数ある役満の中でもトップクラスの難易度を誇る役。
小四喜と差別化を図るためにダブル役満とするルールを搭載しているところも珍しくはないが、DORA麻雀では大四喜は通常の役満なのでご注意を。……ご注意を、と言って簡単に出る役でも無いので、記憶の片隅に残してもらえれば良いかと思います。

------------------------------------------------------

・・・とこんな感じ(~ヘ~;)ウーン


今から2時間後にはついに待ち焦がれた中学校の友だちとの麻雀です。
楽しみだ(  ̄ー) ヨコガオニヤリ



おすすめ記事

 

 

 

 

 

 



 

*1:o(;△;)o